ホーム>ブライダルサロンHISAYOの婚活ブログ>不妊治療

不妊治療

婚活 妊活 泣けるムービー

婚活   妊活 泣けるムービー
 

京都 ブライダルサロンHISAYO松村です。

森三中の大島さんが来月ご出産のようですね。

http://ameblo.jp/smile-osamu/entry-11990604243.html


↑旦那さんのYouTubeムービーを拝見して泣きました。
(鈴木おさむさん、2月16日ブログにリンク)

出産にはタイムリミットがありますからね、少子化対策の一環として、もっと妊活が世間で認められて休暇等、新たな制度が出来ればいいのにと切に願います。

私自身、働きながら辛い不妊治療の末、高齢で結婚15年目の初産を経験しましたので
当時の気持ちを色々と思い出しました。


素敵なご夫婦ですよねー
どうか無事に、、、愛いっぱいのベビーと出逢えますように。。


 

婚活からの妊活

婚活からの妊活
 

京都の結婚相談所 ブライダルサロンHISAYO 松村です♪

本日は時間がやっとでき、二週間ぶりにジムに行き汗を流し、更に岩盤浴で冷房で冷えた体を温めました!

不妊治療をしていた七年前、36?37才くらいの時、とにかく体を温める努力をしていたことを思い出しました。
ヨガやティラピィス、ホットヨガもいいと聞き無心に通いました。

ブライダルサロンHISAYO では、ご成婚後の妊活アドバイスをしております。
これは、私が勝手に好きでしていることなので勿論無償です。

報酬は産まれたベビーと三人で撮したお写真を1枚下さい!と言っておりますよ(笑)

私の親友は42歳で去年、不妊治療にて初めての出産を自然分娩でしました。
その友人にも沢山相談を受けました。

結果はどうであれ、後悔のない人生にしませんか?。

私は基本子供が大嫌いでしたので、やるだけやってダメならいいや!と心のどこかで秘かには、思っておりましたよ!

実際、我が子はめちゃめちゃ可愛いです。
今では口が達者で女子同志の言い合いになりまして、かなりムカつくときもあります。

そんな時は、不妊治療の経験が私を穏やかにさせてくれるのでございます。(>_<")

HISAYOの最先端不妊治療体験記

 
 

こんばんわ!ブライダルサロンHISAYO松村です。
本日は29歳女性カウンセリング。
スマホサイトの地図が狂っているようです。。。すいません。
連休明けに治し方を聞いて対応いたします!!!

さてブログタイトル。。。

私は38歳の時、高齢出産で体外受精の顕微鏡受精で娘を授かりました。
今では六年前の、あの数百万費用をかけた(助成金もわずか)過酷な治療や自身の繰り返し抽出した卵子が数ヶ月毎に完璧でない卵子になって行く様子を目の当たりにした体験が、、、
意味があったのだと、、この仕事につくためのものであったと、、今では心から感謝しています。


私達夫婦が体験したことが今の差し迫る少子化問題の少しでもお役にたてばと思います。


私のところへカウンセリングにお越しくださる女性には40歳を過ぎても普通に、45歳を過ぎても病院にさえ行けば普通に、子供を授かるものと認識していっらしゃるかたが沢山います。
もちろん、可能です。
でも簡単にはいかない現実を一ヶ月でも早く知ればもしかすると、確実に我が子を授かる人生になるかもしれない。。。。
いつも私は可能性があるならば望むならば、後悔しないように、トライするべきという考え方です。

これは、今や、女性ばかりの問題ではないんですよ。
今やコンビニ食や添加物の影響で男性不妊も物凄く多い。
こちらの情報も私はかなり勉強しました。
実際に我が家は夫婦二人ともに欠陥がありました。
主人も今ではそれはそれは冗談のように自慢げにオープンにしていますが当時は深刻でしたよ笑


子供がいない人生もまた素晴らしいと思います。
私はもういいだろう、ここまでしたら諦めもつくからと【最後】と決められた時がありました。
まだまだ年齢的にも大丈夫なのですが一日15時間、商売をしながらの寝る間を惜しんでの治療は
私にとっては過酷でした。
その時に奇跡的に娘を授かりましたが、もし授かっていなければそれはそれで私達は贅沢に毎日過ごし、たくさんの夢を叶え、自分のために後悔のない人生であったと思います。

何事も後悔の無いように!
婚活も今日より若い日は二度と戻ってきません!
今日が一番若いのですよ。
思った時が行動する時!

私は可能性がある限り全力で応援いたします。
目をそらさずに敢えて向き合ってみてくださいね。


iPadから送信

ページ上部へ