ホーム>ブライダルサロンHISAYOの婚活ブログ>幸せな結婚をするという最高の親孝行
ブライダルサロンHISAYOの婚活ブログ

幸せな結婚をするという最高の親孝行

幸せな結婚をするという最高の親孝行

私にも娘がいるので
幸せな結婚をしてくれたら
これほど嬉しいことはないなぁ
ってつくづく思っています!


こんなストーリーを目にしたので
なんとなくそんな思考になった私でした♡
シェアしますね^_^


後悔しない
素敵な一週間にしましょう

ーーーーーー


【パパのカメラ】

「 うちにはお父さんがおらへんねんからね! 」
私がわがままを言うと、
決まって母はこう言った


そう言われてしまうと、
もう何も言えなくなってしまう


小学一年のときに父が亡くなって以来、
母一人でどれだけ苦労して私を育ててくれたか、
痛いほどわかっているから


無意識にテレビの上に置いてあるカメラに目がいく
父が大切にしていたカメラ


父がいたら、
私はもっと欲しいものを買ってもらえたのかなあ


その日は友達のめぐみちゃんのお誕生日会だった
プレゼントを買うお金がない私は最初、
断ろうと思っていたが、
めぐみちゃんが

「 そんなのいいから、絶対来てね! 」
と言ってくれたので、
行くことにした


ダメもとで、母に
「 プレゼント買うお金ちょうだい 」
と言ってみたんだけど、
案の定また叱られてしまった


結局、私は手ぶらのまま
めぐみちゃんの家に行った


プレゼントを持ってきていないのは私だけで
みんなはゲームをしたり
ケーキを食べたりして楽しんでいたけど、
その間私はすごく
居心地が悪くて、
プレゼントを渡す時間になっても、
私ひとりすみっこで
もじもじしているしかなかった



「 ゆかりちゃんも来てくれてありがとうね 」
めぐみちゃんのママが
声をかけてくれたが、
そういう気づかいが余計に苦しかった


さらに帰りがけ、めぐみちゃんが
「 はい、これゆかりちゃんの分! 」
と言ってお菓子の
詰め合わせをくれたときには、
もう恥ずかしくて死にそうだった


めぐみちゃんの家は、
お誕生日会に来てくれたみんなのために
プレゼントのお返しを
用意してくれていたのだった


私は家に帰ったとたん、わんわん泣いた


ラムネやチョコやら
かっぱえびせんなんかが・・・・
もうこれでもかといっぱい入った
お菓子の詰め合わせを抱きしめたままー


それを見た母は黙っていた


このときだけは
「 うちにはお父さんがおらんねんからね 」
とは言わなかった


それから何日か経って、
私も誕生日を迎えた


朝学校に行く前
「 ゆかり、今日は誕生日やから友達いっぱい連れておいでや~ 」
と母


「 え? うん・・・・ 」


正直言うと、私は乗り気じゃなかった
貧乏臭い誕生日会なんか開いて、
恥をかきたくなかったから


母には
「 みんな忙しかったみたい 」って言おう


その日、授業が午前中に終わると、
私は誰にも声をかけず、
逃げるようにして家に帰った


だから、学校から帰ってきて家のドアを開けたとき、
私は帰る家を間違えたのかと思ったんだ


大きな画用紙に、
カラフルなペンで
「 ☆HAPPYBIRTHDAY ゆかり☆ 」


カラフルな風船、
折り紙の輪っか飾り、
ちりがみのバラ


ハンバーグ、
タコさんウインナー、
カニクリームコロッケ


部屋には飾り付けがしてあって、
食卓にはごちそうが並んでいて

そしてお菓子の詰め合わせ


めぐみちゃんからもらったのと
そっくりなやつ


びっくりしていると、
台所から母が出てきてにっこり笑った


そしてわたしを見るなり
「 あれ、一人? 」と言った


「 ・・・・うん、みんな今日忙しいねんて 」
私はとっさに用意していたウソをついた


「 そっか 」母はもっとにこやかになって
「 それなら、二人で誕生日会しよっか 」
と私の手を引いて椅子に座らせてくれた


ハンバーグ、
タコさんウインナー、
カニクリームコロッケ


私の大好きなごちそうが
ところ狭しと並んでいる


うれしさがこみ上げると同時に、
ふとテレビの上の
カメラがなくなっていることに気付いた


「 あれ? お父さんのカメラは? 」


「 大丈夫よ。次の給料でちゃんと返してもらえるから
これはお父さんとお母さんからの
 プレゼントやで 」

母は大事な父の形見を質屋さんに入れて、
そのお金で今日のお誕生日会を
用意してくれたらしい


「 あ、そうそうケーキもあんねんで! 」


うれしさと同時に申し訳なさを感じながら、
ケーキにロウソクを立てる母の様子を眺めていた


するとピンポーンという音
玄関を開けると、「 こんにちは~! 」


めぐみちゃんと、
もう一人仲良しのあゆみちゃんがいた


「 今日ゆかりちゃん誕生日やんね?
このお花あゆみちゃんと二人で用意したの! あげる! 」


「 え? 」


「 ゆかりちゃんすぐ帰っちゃうから
二人でめっちゃ探してんでー! 」


すると奥から母の声がした。


「 めぐみちゃん、あゆみちゃん、
今からお誕生日会やるから入っておいで 」


「 あれ~? 」
あゆみちゃんは、ぱっと目を大きく開いた


「 ゆかりちゃん、
私らが来ること知ってた~ん? 」



その質問には答えられなかった。
涙がぽろぽろこぼれてしまって


「 ゆかりちゃん、誕生日おめでとう! 」


私はもらったお花を強く抱きしめて、
声にならない声で言った


「 めぐみちゃん、ありがとう
あゆみちゃん、ありがとう 」


結局、私はまたわんわん泣いてしまう


「 お父さんお母さん、ありがとう 」


でも全然苦しくない、
胸の中があったかくって


涙にもいろいろあるんだって
このとき初めて知ったんだ


これは後で聞いた話なんだけど、
父のカメラはあまりにも古すぎて、
すでに質草になるほどの価値は
全然なかったらしい
でも、私たち親子のことを昔から知る
質屋のおじさんが、
なにも言わずに気を利かせてくれたのだそうだ


私の忘れられない誕生日


出典元:『 この世で一番大切な日 』十川ゆかり・サンクチュアリ出版

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.salon-hisayo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1641

ページ上部へ